「地球はごちそう【子供向け】」絵本の内容紹介

表紙 ここで紹介している本は、次のように設定しています
主人公になるお子様のお名前: こばやし ゆい
主人公になるお子様の呼び名: ゆいちゃん
お子様の性別: おんなのこ
お子様の年齢: 6さい
住んでいるところ: とうきょう  
本の登場人物: たくやくん、りさちゃん、まきちゃん 
贈り主の名前: パパとママ
プレゼントする日: 2012年8月3日
メッセージ(上段): げんきにおおきくなってね!
メッセージ(下段): ともだちとなかよくあそんでね!

※赤文字は、実際の絵本には、黒字で表記されます。

写真が貼れます

ゆいちゃんにおくる
せかいで たった いっさつの えほん

げんきにおおきくなってね!
ともだちとなかよくあそんでね!

2012

パパママより


 

 

1ページ挿絵

1

2ページ挿絵

こばやし ゆいちゃんの すむ ほしが
いつまでも うつくしく ありますように


地球は ごちそう


村 ひさき 作・絵

2

3

わたしたちの すんでいる ちきゅうには
ごちそうが たくさん。
ゆいちゃんの くらしている とうきょうにも、
たくやくんの まわりにも、
りさちゃんや まきちゃんの ところにも、
たくさんの どうぶつの うえにも、
そらを とぶ とりたちにも、
つちの なかの むしたちにも。
きたにも みなみにも、
ひがしから ずうっと にしにも。
ちきゅうは ごちそう そのもの。

5ページ挿絵

4

5

6ページ挿絵

ちきゅうの ごちそう、
それは たいようの あふれるひかり。
ひかりの つぶ かがやきながら
ゆいちゃんに まいおりて、

6

7

ゆいちゃん
きらきらつぶつぶ たっぷり たべて
からだの なかから げんき こぼれる。

9ページ挿絵

8

9

10ページ挿絵

もっと ちきゅうの ごちそう、
それは うみ。
うみの ゆらゆら おと リズム、
あおさ ひろさ どーんと おおきさ。
ゆいちゃん みんな のみほして
きもち ぴかぴかに なっていく。

10

11

まだ ちきゅうの ごちそう、
それは だいち。
ふっくら つちの あたたかさ。
びっしり つづく たくましさ。
ずしんと ふかく あつみが あって。
ゆいちゃん じっくり あじわうと
つよい ちから あふれだす。

13ページ挿絵

12

13

14ページ挿絵

つぎの ごちそう、
それは くもと あめ。
つめたい みずの うるおいが
からだじゅうに ひろがって、
ふわふわ くもが
むね いっぱいを くすぐると、
ゆいちゃん つやつや すきとおって ゆく。

14

15

まだまだ ごちそう、
それは き き き。
みどり きみどり ふかい あお、
まるい さんかく とげとげ ぎざぎざ。
ゆいちゃん ぱりぱり ほおばると
みどりの かおりで みたされる。 

17ページ挿絵

16

17

18ページ挿絵

さらに ごちそう、
それは いしと きのみと
はな はな はな。
じかんを かけて つくられた
まるい かたち、ふしぎな かさなり、
うつくしい いろ。
ゆいちゃん つい てに とって
さわった かんじ しりたくなるね。

18

19

うれしいね、たくさんの ごちそう。
すごいね、ちきゅう。
でも・・
こんなに いっぱい ごちそうに なって、
ゆいちゃん
たくやくんも りさちゃんも まきちゃんも、
ちきゅうの みんなが たべて たべて、
ちきゅうは
なくならないかな?
いたくないかな?
ないてないかな?

21ページ挿絵

20

21

22ページ挿絵

ひとりひとりが、
ゆいちゃん
たくやくんも りさちゃんも まきちゃんも、
ちきゅうを たいせつに する きもちを
わすれなければ いいのかな?
ごちそうに なった うれしさを
ありがとうの ことばと たいどで
つたえたら どうだろう?

22

23

いま さいの ゆいちゃんが
ちきゅうに やさしい ことを かんがえたら、
きっと ちきゅうは わらって くれる。
たくやくんや りさちゃんまきちゃん
みんなの たくさんの おもいが
あつまったら、
きっと ちきゅうは げんきで いられる。
ゆいちゃん
たくやくんも りさちゃんも まきちゃんも、
みんなが ちきゅうの いろいろを
むだに しなければ、
きっと
ちきゅうは かがやきながら
うちゅうに うかぶ。

25ページ挿絵

24

25

26ページ挿絵

さあ
だから、
つづきの ごちそう、
ちきゅうの デザートを どうぞ。
ちきゅうの デザート、
それは にじと ゆきと かみなり。
ゴロゴロ びっくり。
つめたさ さっぱり。
きれいに うっとり。で、 ゆいちゃん 
にじいろに そまって ゆく。

26

27

さあ
だから
つづきの デザート、
それは つきと ほし。
よぞらにながれる ほしぼしの メロディー。
ほわんと あかるい つきの しきしゃ。
ゆいちゃん しずかな ひびきに
みみ すます。

29ページ挿絵

28

29

30ページ挿絵

さて
ちきゅうの のみもの、
かわと たきは いかが。
ながれが つづく ここちよさ。
おとの はしる きもちよさ。
ゆいちゃん くくっと のみながら
やさしさ すうっと かんじてる。

30

31

さいごの ごちそう、
それは おおきな おおきな ごちそう、
くうき。
めには みえないけれど
かならず そこで みたして くれる。
ひろく おおきく ふかく
ずっと ずっと ずっと。
ゆいちゃん
ひろく おおきく ふかく
すいこんで
おいしい おいしいと しあわせに なる。

33ページ挿絵

32

33

34ページ挿絵

たくさんの ちきゅうの ごちそう。
ゆいちゃん
たくやくんも りさちゃんも まきちゃんも、 
いただきます。
ありがとう。

34

35

背表紙

ページ先頭へ戻る